FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の帰省は、
いっくんにとって、初めての旅行。
そして、私にとっても初めての 「 子連れ旅行 」 でありました 


長い移動時間に、 慣れない環境での寝泊り、
生後4カ月の子には少し可哀想かなあ、という心配もあったのですが、


道中トラブルもなく、実家では毎日元気いっぱいで遊び、
むしろ、私とほぼ2人きりで過ごしている日常よりも、
両親や兄弟がいて、いつもにぎやかな実家のほうが表情豊かだったように思います。


妊娠 ・ 出産を経験して、
子の存在に感謝することは、今まで何度もありましたが、


孫と対面した両親の、本当に本当に嬉しそうな様子を見ると、
あらためて、子の存在に感謝せざるを得ない気持ちになりました。


私ひとりの存在だけでは、
ここまで両親を喜ばせることはぜったいにできないです。
人がひとり、この世に産まれるとゆーことは、本当にすごいことだなあ、と感じました・・・




今後のために、旅の詳細を記録しておきます



4月28日 (月)  出発の日


いっくん昨夜は21時前に眠り、そのまま朝の5時までグッスリ。
ここ数日、旅の準備で忙しく疲れていたので助かったー

授乳後、自分の仕度とおにぎり作り、最後の洗濯。
荷物の確認を入念にして、7時すぎに自宅を出る。

もよりの駅まで旦那様に送ってもらう。
車から降り、いっくんを久々のスリングに入れ、「いっくんセット」の入ったバッグをななめがけ、
旦那様の心配顔に手をふって・・・ (笑   いざ出発です!


まずは、某JR線。 いっくん電車デビュー。
が、 おーい電車乗るよー、と声をかけたときにはもう寝てた相変わらずのスリング好き。

約20分後、某駅着。
お土産は、あとから来る旦那様に託していたが、
どうしても買いたいお菓子があり、つい3箱買ってしまう。
6キロ半の子を抱き、でかいマザーズバッグをさげ、さらにお菓子3箱・・・母は強し  (笑


新幹線のホームに上ると、ようやくいっくん目を覚ます。寝ぼけ眼でキョロキョロ
グリーン車 (9号車)にいちばん近い自由席車両(6号車)から乗車。

おむつ交換台がグリーン車横にあることと、
あと、東北新幹線には「多目的室」(個室)があり、車掌さんにいうと開けてくれるのですが、
赤ちゃん連れの人は、そこで授乳できるのです!素晴らしい!!
ちなみに、予約や料金はいりません。乗ってから頼めばあけてくれます。
授乳のほか、具合の悪くなった人が休んだりできるそうです。

「多目的室」、そして車掌さんのいる「乗務員室」もグリーン車横にあるので、
グリーン車の近くに乗ると何かと便利。
あ、もちろんグリーン車に乗る余裕のある人は、グリーン車にどーぞ・・・笑


上り方面のため、車内はガラガラ。
自由席だと、すいていればだけど融通が利くので (となりも使えるので)、
荷物の多い子連れには自由席の方が便利、子を寝かしたりもできますし。

いっくんご機嫌で、シートに寝転びオーボールにかぶりつく。
(お気に入りおもちゃは、長移動の必須アイテム

しばらくすると顔をこすり始めたので (眠い合図)抱っこし、デッキをブラブラ。
騒音 ・ 揺れの中でも関係ない?様子で、スヤスヤ眠りにつく。
席に座って抱っこしながら、このまま到着まで眠り続けそうだなーとも思ったが、
変なときに泣かれても・・・と、やっぱり起こして授乳へ。
(飲ませられる時に飲ませておくのが、長移動のポイント


多目的室は、約3畳くらいで、普通のシートより少し幅の広いシートが1つ置いてありました。
荷物も心置きなく広げられるし、何より人目を気にせずゆっくり授乳できます。

が!

思いのほかデカイ窓! お、おっぱいが外に・・・・笑
まあ、東北新幹線は田んぼの中を走る新幹線なので、そんな見られないと思うけど、
いちお窓には背をむけて授乳を決行・・・


シートが広かったので、そこでおむつの交換もしていっくんスッキリ。
と、ここで問題が浮上・・・・アタシのトイレ!  (笑


えーと結局は、片手でいっくんを抱いたまま入りまして、
なかなかの重労働だったんですが、

身障者用トイレの中に、オムツ交換代 (折りたたみ式)があるので、
一時その台に寝かせておいてトイレを済ませるという方法があったなと、
あとから気付きました。

が、
うちの子はまだ寝返りできないんですけど、できちゃう子は危ないですよね。
便器と交換台がちょっと離れているんですよ、手の届く距離ではないのです。

まさか知らない人に預かっててもらうわけにもいかないし・・・笑
タッチできる子なら、一緒に個室に入って立って待たせてればいいのかなと思いますが、
このぐらいの赤ちゃんはどうすれば・・・?

良い方法を知ってる方がいたら、教えてくださいませ。


席に戻り、いっくんは再びオーボールに熱中。
私はおにぎりで遅い朝ごはん。 ふ~~、なんとかここまで無事だー


そして、到着。目的地、東京。
東京駅に降り立ち、この湿った風に当たると、帰ってきたーと思う、毎回・・・

初めて新幹線に乗ったいっくん ( 所要時間は2時間20分)でしたが、
眠る ・  飲む ・ オーボール ・・・ えーと・・・家とおんなじでした  (笑
家じゃないことに気付いてなかったりして~


東京駅、人が少ないー。やっぱり大型連休中の都心は空いています。
飲ませて間もなかったので、授乳は見送り。東京駅の授乳室も見てみたかったけど。

(各所の授乳室の場所 は、事前に把握しておくとよいです
  ちなみに東京駅は、八重洲地下中央口のすぐ近くにあります!)

中央線にて新宿駅へ。
いっくんは起きていましたが、
おててを丸ごと、お口に入れたままジーーーっと一点を見つめて動かず・・・緊張気味??

駅に隣接していくつもデパートがあるので、
授乳はデパートのべビールームでと思っていましたが、
なんだか落ち着いているので、ここでも授乳は見送り。


私鉄に乗り、(やっと最後の電車) 実家のもより駅へ。
いっくんはまた眠ってしまった。
駅に着いて、気に入りのショップで少し買い物をしていたら、
知らない人に話しかけられ、その瞬間いっくんがビクン!と飛び起きたと思ったら、
わーー!と泣き出した !

買い物を切り上げて、あやして歩くも泣き止まない~
緊張の糸がプッツリと切れてしまったみたいだ・・・

そして、迎えに来ていた両親と泣き顔のまま対面。
父の車に乗りこむと、いよいよ大泣きとなり、
この日、夏日だった東京で、大汗をかきながら泣くわが子・・・


あららら、どうしたものか・・・と思っているうち、実家に着いて、
父がヒョイーと抱き上げたら、たちまち泣き止んだ。
そしてもう声を出して笑ってる!  あらま・・・とりあえず良かったけど。


心配のメールを2通もよこしていた旦那様に、
無事に着きました、私もいっくんも元気ですと返事を書く
最後の最後で、泣かせてしまったけど (きっと疲れたんだろーね
なんとか無事にたどり着くことができました。



♪読んでくださって、ありがとうございます♪
↓↓参加しています↓↓
にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。