FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月26日 (水)  術後7日  抜糸

今日は傷の抜糸をすると言われていたので、朝からドキドキ・・・
ずごく痛いものだと思っていたのです。

が!!!

まったく痛くなかった!・・・かなり拍子抜け。


そして、新事実。

糸で縫ったのではなく、ホチキスのような金属の針で止めてあったのだそうだ。
なので正確には、 「抜糸」 ではなく、 「抜鈎」 (ばっこう) というらしい。

術後、傷跡は 「ガーゼ + 透明のシート」 でガッチリふたをされて、
見えなかったので、全然知らなかったー

「昔は糸で縫ってたけど、糸は感染症を起こしやすいことが分かって、
 今は金属を使うようになったんだよ、
 傷の消毒も、昔は毎日していたけど、
 今は、毎日だとかえって乾かないし、雑菌が入りやすいので、
 抜鈎のときまで、消毒はしないんだよ」

一本一本、ホチキスのしんみたいのを抜きながら、先生が話してくれた。

そして、初めて傷跡を見る。おそるおそる・・・
おへそから下に向かって、ツーと一本線ができていた。
一本線のまわりに、傷を止めていた金属のあとがかさぶたになっていて、
今思えば、この頃の傷は大きかったし、まだ痛々しかった。

現在は、金属のあとはなくなって一本線だけです。

抜鈎が済めば楽になるよー、どんどん良くなるからねと言われましたが、
実際、ひきつれ感がなくなってすごく動きやすくなりました。



12月27日 (木)  術後8日 退院前日

人の体ってすごいなあ。
お腹を切っても、ちゃーんとくっつく。
一週間もあればこうして歩いたり笑ったりもできてるし。

術後4日目あたりからは、朝起きるたびに回復を感じていました。
本当に、1日1日どんどん良くなってくのです。
あのひどい痛みとの戦いは、この頃すでにもう過去の出来事に。

なんといっても赤ちゃんの存在がいちばん大きかったですけどネ。

午後、退院診察。内診。

「子宮は、だちょうの卵くらいになってるよー」・・・・??
「1ヶ月検診の頃には、にわとりの卵くらいになるからねー」・・・・???

・・・・先生、わかりにくいです  (泣

良く分からないが経過は順調とのこと、予定どおり明日退院となる。



12月28日 (金)  術後9日  退院

いよいよ退院。激動の11日間。
体に様々な機械を付けられ、あのひどい痛みと戦ってた頃は、
こうして、元気に退院する日のことなんて、
とてもじゃないけど、想像できなかった。

本当、人の体ってすごいなあ。

赤ちゃんの退院診察。
裸になり、お腹に聴診器をあてる。
手 ・足 ・頭 (大泉門)を触診。異常なしとのこと。

入院中、うちの赤ちゃんの体重の上がり方はすごくゆっくりでした。
食べたい!よりも 眠い ! 子なので、
今でも飲み方はゆっくり、体重の上がりもゆっくりです。

「ゆっくり、ゆっくり、はこの子の個性ね ! 大事にしてあげてね ^^ 」
 
と助産師さんに言われ、良い言葉をいただいた!と感動する。

退院のため、赤ちゃんに母が買ってくれた白い2wayオールを着せる。
そして、この日のために作ったおくるみに包んで、
真冬の空の下、旦那さまと私、そして赤ちゃんの3人で、おうちに帰りました。

今日から3人暮らしのはじまり。
赤ちゃん、まだまだ新米の私たちだけどよろしくね。
3人で、仲良く暮らそーね!!



おしまい
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://nanohanako.blog105.fc2.com/tb.php/70-492423de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。