FC2ブログ
いよいよ10ヶ月「臨月」に入りました!
なんとかここまでくることができて、
赤ちゃんの生命力と神様に感謝したい気持ちでいっぱいです

しかしながら・・・

やっぱり私の妊婦生活は最後まで「色々」あるみたいで・・・

昨日、臨月に入って始めての検診に行ってきたのですが、
そこで、タイトルにあるようにちょっとした「急展開」を迎えてしまいまして、


予定日の1月1日を大幅に早まって、
なんと「再来週」には、
ご対面?・・・となるかもしれません・・・・・・・!!!


いったいなにが・・・・?!・・
*続きを読む*
結論から言いますと、
私の、「骨盤が小さい」のだそうです。
医学的に言うと「児頭骨盤不均衡」・・・昨日の内診の結果、判明しました。

母体の骨盤が小さいと、赤ちゃんの頭が骨盤を通り抜けられないので、
自然分娩が難しくなるそうです。

そのため「予定帝王切開」での分娩が望ましいそうなのですが、
ふつう「予定~」の場合、それ以前に破水や陣痛が起きてしまうと大変危険なので、
37w~38wの頃、予定日より少し早めの日程を組んでおこなうんだとか。

昨日の検診の結果、赤ちゃんの推定体重は 2400 g (前回比 246 g 増)。
少し早めに産まれても、もう問題はないところまで成長しているそうです。


「来週(12/11)、再来週(12/18)と、経過は診ていくが、
 変わらないようなら、19日(水)に手術、ということになります。
 最終決定は、18日の検診時にするので、まだ仮の予定ではあるけどね♪^^」



と・・・・
結構スゴイことをいつもの(?)笑顔で説明され・・・笑
たまたま一緒に来ていた旦那様と私、思わず凍りつく・・・・

旦那様が一緒に検診に来てくれたのは、実に半年振りくらいで、
もちろんこんな宣告をされるとは思わず、たまたま仕事の都合がついたので、
付き添ってくれてただけだったのですが、
旦那様が今日一緒にいてよかった・・・と心底思いました


いつものように1人だったら、椅子から転げ落ちてたかもしれません・・・笑


ちなみに、
1週間ごとに経過を診ていく、というのは、
「骨盤」というのは出産に向けてどんどん開いていくものなので、
私の骨盤も小さいなりに開いていって、最終的に赤ちゃんが入っていけるケースもあるそうで、
その場合は、自然分娩でもOK、ということになるらしく、
そうなればまた予定が変わるので、とりあえず今後2週間は様子見・・・
そして、18日の検診時に最終決定となるようです。

なので手術の予定は、先生が言うようにまだ本決まりではないのですが、
あと「2週間」でそう大きな進展があるとも思えず・・・
実際、赤ちゃんは昨日も子宮のずっと上の方で「遊んで」いて、

「う~ん・・・骨盤がちっちゃめだから下りて来れないのかもしれないね~^^;」

との診断もありました。

さらに、私のお腹の形はとっても「とがった」形をしていて、それは臨月になった今でも変わらず、
先生からは「○○山型だね~^^」とあだ名も付けられるぐらいで、

(注:「○○山」とは地元の超ローカルな山の名前です・・・笑
  キスチョコみたいな形してる小さな山なのです・・・)

お腹の形は個人差があるものですが、
前にポッコリと、とがって出るタイプの人は骨盤が小さめの人が多いんだとか・・・
もちろん色んなケースがあり、そうとも限らないんですけどネ


ふ~~・・・笑


昨日はあまりの急展開に、夫婦そろってビビッてしまいましたが、
一晩たち、だいぶ落ち着いてきました

手術はコワイけど、それが赤ちゃんにとっていちばんの方法なら仕方ないです。
こうなったら腹をくくって(?)挑むしかありません!
最速で、あと2週間で出産になるとゆーことは、
残りの妊婦生活、悔いのないように過ごさねば!!がんばるぞー

♪読んでくださって、ありがとうございます♪
↓↓参加しています↓↓
FC2ブログランキングにほんブログ村 マタニティーブログへ